静岡債務整理相談センター

運営:司法書士法人 芝事務所

メールで無料相談はこちら

お電話での無料相談はこちら

定休日土日・祝日 受付時間平日:8:30~17:30

※受付時間外の日時をご希望の場合はご予約時にご相談ください。

054-251-5517
054-364-0195
相談料は無料です
静岡事務所
清水事務所
メール相談

静岡債務整理相談センターTOP >  債務整理 >  車ローンが残っている場合に債務整理するとどうなる?

車ローンが残っている場合に債務整理するとどうなる?

「車ローンが残っている場合に債務整理するとどうなる?」
「返済中の車ローンを債務整理すると車は残せる?」

キャラ

車は安くても数十万円、高いものだと何百万円というケースもあり、購入時には車ローンを組むのが一般的です。

車ローンは、車の購入に特化した毎月一定の金額を3年~5年間支払い続けていく金融商品になります。

しかし、返済期間が長いため、何らかの理由で車ローンの返済が滞ってしまう場合もあるでしょう。

さらに、他の借金などで生活が苦しくなると債務整理する必要がでてきます。

ところで、車ローンが残っている場合に債務整理するとどうなるかご存知ですか?今回は、このあたりについて詳しく説明したいと思います。

054-251-5517
054-364-0195
メールで無料相談
054-251-5517
054-364-0195
メールで無料相談

車ローンとはどんなローンなのか?

車を購入する場合には、車ローンを組むのが一般的です。車ローンの種類や仕組みについて説明します。

車ローンとは

車は安いものでも数十万、高いものでは数百万円という価格のものがあるため、一括購入するのは困難という方も多いです。

そのため、車ローンという車の購入に特化した金融商品が数多く販売されており、一括購入する資金がない方でも気軽に車を購入できるようになっています。

ただし、車ローンを利用する際には審査が必要です。

審査を通過すれば、ローン会社が車の代金を立て替え、そこに利息を乗せた形でローンの利用者が3年~5年程度の期間で返済していきます。

つまり、車を販売するディーラー側はすぐに売上が入り、ローンの利用者もすぐに車が手に入る点が、車ローンを利用するメリットといえるでしょう。

車ローンの種類

車ローンは大きく2種類に分類することができます。

1つめは、トヨタファイナンスやホンダファイナンスといったディーラーローンと呼ばれる「信販系の車ローン」なります。信販系の車ローンでは、車を担保にお金を貸すという点が大きな特徴です。

なお、信販系の車ローンを組む際にローン会社と結ぶ契約書の中には、「所有権留保」という条項が含まれていることが一般的です。

「所有権留保」とは、ローンなどの売買契約において、ローンの返済中は対象物の所有権が貸主側に残るという条項になります。

車ローンは返済期間が長期間にわたるため、貸主側であるローン会社に貸し倒れのリスクが発生するため、万が一の場合に備え車を担保に取っておくわけです。

もうひとつは、銀行や信用金庫、JA(農業協同組合)などが扱っている「銀行系の車ローン」です。銀行系の車ローンには所有権留保がないケースが多く、車の所有権は購入者側にあります。

返済中の車ローンを任意整理で債務整理した場合

「債務整理」とは、借金で生活が苦しい方を法的に救済するために国が作った制度です。

返済中の車ローンを債務整理するとどうなるか、代表的な手続である「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」それぞれのケースについて説明します。

任意整理とは

「任意整理」とは、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)に任意の交渉に応じてもらい、将来的に発生する利息などをカットして借金が増えていくのを抑え、残った借金を3年~5年の分割払いで合意する債務整理です。

つまり、任意整理は「カード会社に借金の分割払いを認めてもらう債務整理」といえるでしょう。

任意整理すると毎月の返済負担が減るため、完済への目途が立ちやすくなります。

返済中の車のローンを任意整理するとどうなる?

返済中の車ローンを任意整理するのは、法的に可能です。しかし、実際には返済中の車ローンを任意整理することは、ほとんどありません。

なぜなら、信販系の車ローンには所有権留保があるため、ローン会社は車を没収することで手っ取り早く借金回収できるからです。

つまり、ローン会社側にとっては、任意整理に応じるメリットがないというわけですね。

したがって、返済中の車ローンを任意整理の対象にすると、車を失うことになります。

また、車ローンはもともと金利が非常に安いため、任意整理しても毎月の返済額はほとんど変わりません。そのため、任意整理の恩恵をほとんど受けられず、意味がない状態になるのです。こうした理由から、返済中の車ローンを任意整理の対象にしてもあまりメリットがないのでおすすめできません。

返済中の車ローンでも車が残せるのは任意整理だけ!

任意整理には、借金の対象を自由に選択できるというメリットがあります。

そのため、車ローンだけを除外して、その他の借金だけで任意整理することが可能です。

こうすることで、車ローン以外の借金を任意整理して返済の負担を減らしつつ、車を手元に残すことができます。

ただし、車ローンの返済は、これまでと同じ条件で継続することが条件です。

とはえい、他の借金を任意整理して分割払いにして毎月の返済負担を減らすことができれば、車ローンとダブルで返済していける可能性も十分出てくると思いますので、ぜひ検討してみてください。

ちなみに、返済中の車ローンがある方が車を残せる債務整理は任意整理だけです。

返済中の車ローンを個人再生で債務整理した場合

次は、裁判所を介する債務整理である、個人再生で車ローンがどうなるか説明します。

個人再生とは

「個人再生」とは、裁判所に借金を大幅(1/5から1/10程度)に減額してもらい、その残りを3年間(最大2年延長で5年間)で返済できれば完済扱いになる債務整理です。

つまり、個人再生は「裁判所に借金の大幅減額を認めてもらう債務整理」といえるでしょう。

返済中の車ローンを個人再生するとどうなる?

裁判所を介する債務整理には、「債権者平等の原則」というルールに従う必要があり、すべてのカード会社を平等に扱う必要があります。

したがって、返済中の車ローンだけを除外して個人再生することはできず、返済中の車ローンがある方が個人再生すると車を失う可能性が高いでしょう。

ただし、車の所有権があなたにあれば、手元に残せる可能性はあります。

まず、信販系の車ローンなど車の所有権がローン会社にあるケースでは、個人再生すると車は没収されるため、車を手元に残すことはできません。

いっぽう、銀行系の車ローンなど車の所有権をあなたが持っているケースであれば、返済中の車ローンを個人再生しても車を手元に残すことが可能です。

また、車の所有権を持つのがあなたの家族や親戚の場合でも、車を手元に残すことができます。

信販系の車ローンを個人再生して車を残す方法

所有権がローン会社にある場合でも、個人再生後に車を残す方法があるので紹介します。

1つめは、「第三者に車ローンの残額を一括返済してもらう」という方法です。

たとえば、あなたの配偶者や親、親戚などに車ローンの残りを払ってもらえれば、車を手元に残すことができます。

信販系の車ローン返済中の方が個人再生する場合の車を手元に残す方法としては、これがベストでしょう。

ただし、あなた自身が車ローンの残りを一括返済することはできません。

なぜなら、裁判所を介する債務整理である個人再生には「債権者平等の法則」というルールがあり、一部のカード会社の借金のみを優先して返済する行為(偏頗弁済【へんぱべんさい】)が禁止されているからです。

もし、車ローンだけを優先して返済したことが裁判所にバレてしまった場合には、個人再生できなくなる可能性が高いので絶対にやめましょう。

2つめに紹介するのは、「ローン会社と別除権協定を締結」する方法です。

「別除権協定」とは、借金の返済をする代わりに車を引き上げないことを合意する契約になります。

しかし、この方法は偏頗弁済に該当するため、やむを得ない理由がある旨を裁判所に申立てして許可をもらうことが必須です。

たとえば、職業がタクシー運転手や長距離トラックの運転手の方が、商売道具である車を失うと仕事ができなくなります。

こうなると、お金が稼げなくなりお金を貸したカード会社の不利益につながる可能性が高くなるため、裁判所に車を手元に残すことが許され別途協議件を結べる可能性が高くなるのです。

054-251-5517
054-364-0195
メールで無料相談
054-251-5517
054-364-0195
メールで無料相談

返済中の車ローンを自己破産で債務整理した場合

自己破産も裁判所を介する債務整理のため、基本的にすべての借金が債務整理の対象になります。したがって、当然返済中の車ローンも自己破産の対象です。

自己破産とは

自己破産とは、申立人の財産を清算してお金に換えてカード会社に配当する「破産」手続と、裁判所に借金が返済不能状態と認められることで借金の支払いが免される「免責」手続を行う債務整理になります。

つまり、自己破産は、「財産を失う代わりに借金をチャラにしてもらえる債務整理」といえるでしょう。

返済中の車ローンを自己破産するとどうなる?

返済中の車ローンがある方が自己破産した場合、車を手元に残すことはできません。

裁判所を介する債務整理である自己破産も個人再生と同様、すべての借金が整理対象になるため車ローンだけを除外することができず車はローン会社に没収されます。

しかも、信販系の車ローンだけでなく、所有権留保がない銀行系の車ローンも対没収象です。

自己破産では、20万円以上の価値ある財産が清算対象になります。

したがって、自己破産では市場価値が20万円以上ある車は財産扱いとなり、手元に残すことができないのです。

自己破産において、車ローン完済済みの車は購入から6年経過していれば資産価値がないと判断されることが一般的になっています。

しかし、車ローンは3年~5年かけて返済するため、車ローン返済中の車はほとんどの場合20万円以上の価値あるので、没収対象になる可能性が高いのです。

返済中の車ローンを自己破産して車を残す方法

車ローンの残額をあなた自身が一括返済すると偏頗弁済になるためNGですが、あなた以外の第三者が一括返済するのは偏頗弁済になりません。

したがって、親や親戚などに車ローンの残額を一括返済してもらう形で車を買い取ってもらえば、車の所有権を移すことができ実質上車を手元に残せることになります。

この方法であれば、全く知らない方に車が渡ることはないので、車さえ借りられれば、そのまま乗り続けられる点がメリットです。

また、カード会社側にも一切デメリットがないので、車ローン残額の一括返済要請を受けた場合には、基本的に支払いは受け入れられるでしょう。

ただし、この方法を使う場合には、実施するタイミングに注意する必要があります。

なぜなら、自己破産する直前に車を売却してしまうと、裁判所に「財産隠し」とみなされる可能性が高いからです。

そうなると、自己破産できなくなる可能性もあります。

よって、この方法を使う場合には、事前に弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。

まとめ

  • 車ローンには「信販系の車ローン」と「銀行系の車ローン」の2種類がある
  • 信販系の車ローンには所有権留保条項があるため、車ローン返済中の車の所有権はローン会社に帰属する
  • 銀行系の車ローンの場合、車の所有権は購入者側に帰属する
  • 返済中の車ローンを任意整理の対象から除外すれば車を手元に残せる
  • 返済中の車ローンを個人再生すると車はローン会社に没収される(ただし、銀行系の場合は手元に残すことができる)
  • 返済中の車ローンを自己破産すると、車は失う可能性が高い

借金問題や債務整理のことなら
静岡債務整理相談センターにお任せください!

キャラ
054-251-5517 054-364-0195 メールで無料相談

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間・定休日 受付時間:平日:8:30~17:30
定休日:土日・祝日
※受付時間外の日時をご希望の場合はご予約時にご相談ください。
会社名 司法書士法人 芝事務所
代者者 代表 芝 知美
住 所 【静岡事務所】
〒420-0853
静岡市葵区追手町8番1号 日土地静岡ビル5F
【清水事務所】
〒424-0807
静岡市清水区宮代町9番15号
無料相談はこちら

お問い合せ・面談のご予約は
お電話・メールにてお気軽にどうぞ

054-251-5517

〒420-0853
静岡市葵区追手町8番1号 日土地ビル5F

054-364-0195

〒424-0807
静岡市清水区宮代町9番15号

メールで無料相談

メニュー
芝事務所日記
運営事務所

静岡事務所

〒420-0853
静岡市葵区追手町8番1号 日土地ビル5F
TEL:054-251-5517
FAX:054-251-7865

清水事務所

〒424-0807
静岡市清水区宮代町9番15号
TEL:054-364-0195
FAX:054-365-3784

© 2020 静岡債務整理相談センター
運営:司法書士法人 芝事務所