静岡債務整理相談センター

運営:司法書士法人 芝事務所

メールで無料相談はこちら

お電話での無料相談はこちら

定休日土日・祝日 受付時間平日:8:30~17:30

※受付時間外の日時をご希望の場合はご予約時にご相談ください。

054-251-5517
054-364-0195
相談料は無料です
静岡事務所
清水事務所
メール相談

静岡債務整理相談センターTOP >  債務整理とは?

静岡・清水で債務整理なら静岡債務整理相談センターへ

「借金が返せなくて生活が苦しい」
「債務整理って何?本当に借金を減らせるの?危なくない?」

キャラ

借金という悩みを抱えてしまうと、経済的にも精神的にもつらい思いをすることになってしまいますよね。

実は、返しきれなくなってしまった借金は「債務整理」という方法で合法的に減らしたり無くしたりすることができるのです。

ここでは、債務整理の中でもよく行われている3つの手続きを紹介し、手続きの流れやメリット・デメリットについてまとめていきます。

あなたに合った債務整理のやり方を選ぶうえで、参考にしてみてください。

054-251-5517
054-364-0195
メールで無料相談
054-251-5517
054-364-0195
メールで無料相談

債務整理とは?安全に借金を減らせる合法的な手続き

債務整理とは、借金が返済しきれない人を助けるための正式な手続きです。

「債務整理なんて聞いたことがない、難しい手続きなのではないか」と思ってしまう人も多いかもしれませんが、実際に債務整理を行う場合は弁護士や司法書士に依頼すれば手続きのほとんどを代わりにやってもらうことができるので、とても簡単です。

また、債務整理は借金額がいくらであっても行うことができますし、働くのが難しくて収入がまったくない人でもできます。

つまり、借金で苦しんでいる人であれば、誰でも債務整理を行うことが可能なのです。

もちろん、手続きは合法的なものなので、いくつかデメリットはあるものの、安全かつ確実に行うことができます。

また、弁護士や司法書士に依頼して債務整理の手続きを始めると、借金の督促がストップするというメリットもあります。

借金の返済が精神的な負担になっている人は、早めに債務整理を始めるとそのぶん早く気持ちを楽にすることができるのです。

債務整理でよく利用される3つの手続きとは?

債務整理の手続きには「任意整理」「個人再生」「自己破産」「特定調停」の4種類があり、それぞれメリットやデメリットが異なっています。

この中で主に利用されているのは任意整理・個人再生・自己破産の3種類で、いずれも弁護士や司法書士に依頼すれば、あなたの代わりにほとんどの手続きを行ってもらうことができます。

特定調停は任意整理とほぼ同じメリットがある債務整理ですが、すべての手続きを自分で行わなければならず、難易度が高いので、ここでは説明しません。

任意整理は「少ないデメリットで最も気軽にできる債務整理」

任意整理は債務整理の中で最も人気のある手続きで、利息や遅延損害金を0円にしてもらったり、返済期間を長期に設定してもらったりすることが可能である一方で、デメリットがかなり少ないという特徴があります。

任意整理のメリット1「利息の全額カット」

任意整理の最大のメリットは、これから支払わなければならない借金の利息を0円にしてもらうことができるということです。

あまり意識していない人も多いのですが、銀行・クレジットカード会社・消費者金融(以下「カード会社など」)から借金をすると、かなりの金額の利息を支払うことになります。

例えば、三井住友銀行カードローンで50万円の借金をした場合、銀行が決めた最低返済額である1万円を返済しても、半分くらいは利息の支払いで消えてしまうので、元本は5000円程度しか減りません。

このように、任意整理によって借金返済の大きな負担になる利息をカットしてもらうことで、無理なく借金を返済できるようになるのです。

任意整理のメリット2「返済期間の延長」

任意整理には借金の返済期間を60回払い程度の長期に延長してもらえるというメリットもあります。

例えば、120万円の借金を返済する場合、24回払いだと毎月の返済額は5万円ですが、60回払いだと毎月の返済額は2万円まで抑えられます。

任意整理をして返済の負担を分散させることで、毎月の支払額を小さくして生活を楽にすることが可能というわけです。

任意整理のメリット3「遅延損害金をなくせる」

決められた期日までに借金を返済できなかった場合、滞納のペナルティとして遅延損害金(延滞金)とよばれるお金を支払わなければならなくなります。

遅延損害金の怖いところは、滞納が長引けば長引くほど遅延損害金がかさんでいき、自力で返済するのをほぼ不可能にしてしまうところです。

しかし、任意整理をすれば遅延損害金の全部または大半をなくしてもらうことができるので、遅延損害金のせいで返済ができなかった人も、借金完済への道が開けます。

任意整理のデメリットはブラックリストに載ることだけ

任意整理をすると、カード会社などが加盟している「信用情報機関」という組織に任意整理の情報が登録されて、クレジットカードが使えなくなるなどの制限を受けるようになるのですが、この状態を「ブラックリストに載る」といいます。

信用情報機関とは、お金を貸す相手に返済能力がどのくらいあるかをチェックするための情報を集めている機関です。

信用情報機関に登録された情報は加盟しているカード会社などに閲覧されることになるので、任意整理の相手になった会社以外の会社にも任意整理の情報が伝わります。

その結果、どこの会社でもクレジットカードが使えないなどの制限を受けてしまうのです。

ブラックリストに載る具体的なデメリットとしては、クレジットカードの利用・作成ができなくなることのほか、ローンやキャッシングなどで新しく借金をすることができない、借金の保証人になれない、スマホなどを分割払いで買えない、賃貸契約をするときに一部の保証会社が利用しづらくなる、といったものがあります。

なお、ブラックリストによる制限は任意整理以外の手続きでも受けることになる、債務整理共通のデメリットです。

任意整理にはこれ以外のデメリットがないので、債務整理の中では最もデメリットが少ないといえるのです。

任意整理の流れ

任意整理を行うときは、まず弁護士事務所や司法書士事務所を探して事前相談に行きます。

事前相談で任意整理が最適だということになったら、弁護士や司法書士と契約して正式に任意整理を依頼します。

実は、任意整理を依頼した本人がやらなければならないのはここまでで、あとは待っているだけで手続きが完了します。

ちなみに、その間弁護士や司法書士は借金の金額を調査して利息の計算をし直したり、カード会社などと交渉して和解したり、和解に至れない場合は裁判に持ち込んだりといったことをしてくれます。

そうした手続きがすべて完了したら、和解した条件での返済が始まります。

個人再生は「家を残して借金の元本を減らせる債務整理」

個人再生では、裁判所に申し立てをして借金の元本を5分の1程度に減額してもらい、3~5年かけて返済していくことになります。

個人再生の大きな特徴としては、ローン完済前の家を手元に残して借金を減らせる「住宅ローン特則」という制度があります。

個人再生のメリット1「借金の元本を減らせる」

個人再生の最大のメリットは、借金の元本を大幅に減らしてもらえるということです。

個人再生では「最低弁済額の基準」というものが決められていて、以下のように借金の元本が減額されます。

借金額100万円以下:借金額の全額を返済
借金額100万円~500万円:100万円を返済
借金額500万円~1500万円:借金額の5分の1を返済
借金額1500万円~3000万円:300万円を返済
借金額3000万円~5000万円:借金額の10分の1を返済
※借金額5000万円を超える場合は個人再生できません

ただし、家や車、退職金などの財産がある人は、財産をお金に替えた場合の金額を返済しなければならないという決まりもあります。

個人再生のメリット2「家を残して借金を減らせる」

後で詳しく説明しますが、自己破産を選ぶと家を残すことはできません。

しかし、「住宅ローン特則」を利用して個人再生すれば、ローン完済前の家を手元に残したまま借金の元本を減額してもらうことが可能です。

住宅ローン特則とは、住宅ローンだけを個人再生の対象から外すことができる制度です。

住宅ローン特則を利用して個人再生をした後は、減額された借金の返済と住宅ローンの返済を同時に行っていくことになります。

個人再生のデメリット

個人再生は裁判所を通して行う法的な手続きとなるため、すべての借金を同じように整理しなければならないというルールがあります。

そのため、自動車ローンが整理されて車がローン会社に回収されてしまう、保証人付きの借金がある場合は保証人に請求がいってしまうというデメリットがあります。

また、個人再生では持っている財産の金額よりも借金を減額してもらうことはできないため、財産がある人の場合はあまり借金が減らないこともあります。

なお、個人再生では借金が100万円未満に減ることはありません。また、5000万円を超える借金は個人再生では扱ってもらえません。

個人再生の流れ

個人再生でも、まず弁護士事務所や司法書士事務所で事前相談を行い、契約を結ぶことになります。

次に、裁判所へ申し立てをするために必要な書類を準備します。特に、「家計収支表」という書類を作るために、あなたの収入や支出を記録した簡単な家計簿が必要になるので、3カ月程度かけて準備します。

書類がすべて揃ったら、裁判所に申し立てをします。その後、数回裁判所に行って面接を受けることもあります。

申し立ての後は、「再生計画案」という借金の返済計画を作ることになりますが、ほぼすべての作業を弁護士や司法書士が行ってくれます。

この再生計画案を裁判所に提出すると、書面で決議が取られます。カード会社などの過半数が反対しなければ、個人再生を認めてもらえます。

個人再生が認められたら、減額された借金を3~5年かけて返済します。ただし、返済が滞ると個人再生が取消になることもあるので注意が必要です。

054-251-5517
054-364-0195
メールで無料相談
054-251-5517
054-364-0195
メールで無料相談

自己破産は「借金自体をなくせる最強の債務整理」

自己破産とは、裁判所に申し立てて財産を処分するかわりに、借金をほぼすべてなくしてもらうことができる債務整理です。

自己破産のメリット

自己破産のメリットは、なんといっても借金が完全になくなるということです。

他の債務整理では借金を減額してもらうだけなので、手続き後は返済をしなければなりませんが、自己破産の後は借金がなくなるので返済をする必要がありません

そのため、収入がまったくない人でもできるというメリットもあります。

ただし、税金や社会保険料、賠償金、罰金、離婚時の養育費など、免除してもらえない支払いもあるので注意してください。

自己破産のデメリット1「財産を処分しなければならない」

自己破産の最大のデメリットは、財産を処分する義務があるということです。

自己破産をすると、預金や有価証券、家や車、退職金や保険の解約払戻金など、20万円以上の価値がある財産を売却処分して、売上をカード会社などに配当として配らなければなりません。

しかし、99万円以下の現金と家具家電などの生活必需品は手元に残せるので、一文無しになるということはありません。

自己破産のデメリット2「仕事に制限がかかることがある」

自己破産には「同時廃止」と「管財事件」の2種類の手続きがあり、ほとんどの人は同時廃止を選ぶことになります。

しかし、財産がある人など「管財事件」で手続きをすることになった人は、自己破産の手続き中は「破産者」という扱いになるため、一部の職業に就くことができなくなります

自己破産の手続き中に就けなくなる職業としては、金融業、建設業、風俗業、警備員など色々なものがありますので、あなたの職業が制限の対象となっていないかどうか、一度弁護士などに確認しておくと安心です。

なお、職業の制限は自己破産が認められれば解除され、元どおり働けるようになるので、心配しすぎる必要はありません。

どうしても仕事が制限されると困るという人は、個人再生や任意整理といった別の方法で債務整理を選ぶことになります。

自己破産の流れ

自己破産でも、まずは弁護士事務所や司法書士事務所へ事前相談に行き、契約を結ぶところから始まります。契約を結んだら、裁判所に申し立てるための書類を準備します。

書類が揃ったら裁判所に申し立てて自己破産を開始するのですが、ここから先は手続きが同時廃止になるか管財事件になるかで流れが異なってきます。

同時廃止の場合、裁判所から破産手続きを開始するという決定が出た後で裁判官との面接が1回程度行われます。

問題がなければ免責許可決定が出て自己破産が認められ、借金がなくなります。

管財事件の場合、破産手続きの開始決定が出ると、裁判所が指定した弁護士が「破産管財人」という役割をすることになります。

この破算管財人のもとで財産が処分され、カード会社などへの配当として配られます。

また、その間に数回、裁判所で「債権者集会」という、カード会社などを交えた報告会が行われ、財産の処分が終わると破産手続きが完了して借金がなくなります。

あなたに最適の債務整理を選ぶ方法とは?

ここまで3種類の債務整理を紹介してきましたが、あなたにとって最適な債務整理はどれかと考えたときに悩んでしまう人もいるかもしれません。

ここでは、それぞれの手続きがどんな人に向いているのかを説明していきます。

任意整理は色々な人に向いている債務整理

任意整理が個人再生や自己破産と大きく異なるところとして、整理したくない借金を債務整理の対象から外すことができるという点があります。

そのため、保証人付きの借金がある人は保証人に迷惑をかけずに借金を減らせますし、完済前の自動車ローンがある人は車を手放さずに借金を整理できます。

また、個人再生や自己破産は裁判所を通す手続きなので、同居している家族の給与明細など収入がわかる書類を提出しなければならず、家族に内緒で債務整理するのが難しいというデメリットがあります。

一方、任意整理なら裁判所を通さないので、同居の家族の収入がわかる書類は必要にならず、家族にバレないように債務整理することができます。

なお、任意整理ができる借金額の目安としては、毎月返済できる金額に60をかけた金額と考えてください。

例えば、毎月2万円まで返済できるという人なら借金120万円まで、毎月5万円まで返済できるという人なら借金300万円まで任意整理が可能です。

個人再生は住宅ローンがある人におすすめの債務整理

個人再生ができるのは、借金額が100万円以上5000万円以下で、安定した収入がある人です。

個人再生では元本を大幅に減額してもらうことができるので、任意整理では解決できない大きな金額の借金でも、個人再生で減額してもらえば完済できるようになります。

また、住宅ローン特則を利用すればローンを払い終わっていない家を残したまま借金を減額できるので、家を失いたくないから自己破産は避けたいという人にはもってこいの債務整理となっています。

自己破産は返済が絶対に無理な借金を抱えている人でもできる債務整理

自己破産できる借金の金額に上限はないため、5000万円を超える借金を抱えている人も自己破産なら借金をなくしてもらうことができます。

また、自己破産できる借金額には下限もないので、借金額は小さいけれども収入が少なすぎる、または完全に無収入だという理由で任意整理や個人再生ができない人でも、自己破産で借金問題を解決することが可能です。

ただし、任意整理や個人再生で借金をなんとかできると裁判所に判断された場合は、自己破産を行うことができません。

債務整理は弁護士や司法書士に依頼して行うのが楽

債務整理は、弁護士や司法書士に依頼して行うのが一般的です。

任意整理の場合

任意整理の場合はカード会社などとの交渉になるので、不慣れな人が自分でやろうとしても交渉が不利になったり、そもそも相手にしてもらえなかったりという結果になるおそれがあります。

また、かなりの手間と時間がかかるのでその覚悟も必要になります。

一方、弁護士や司法書士に依頼すれば、1社につき数万円の費用はかかりますが、ほとんど何もする必要がなく、待っているだけで任意整理が完了します。

しかも、交渉に長けた専門家がやってくれるので失敗する心配もありません。

個人再生や自己破産の場合

個人再生や自己破産は裁判所に申し立てて行う法的な手続きとなるため、書類の準備や手続きで専門的な知識が必要になることも多く、自分でやるのはほぼ不可能だと思った方がよいでしょう。

弁護士や司法書士に依頼して行えば、書類作成や裁判所での手続きのほとんどを代わりにやってもらえますし、法律の専門家なので手続きに不備が出てしまうこともありません。

弁護士や司法書士に債務整理を依頼するには?

まず、インターネットで弁護士事務所や司法書士事務所のWebサイトを探してみてください。

たくさんあると思いますが、あなたが住んでいる場所から通いやすいところにある法律事務所を選ぶとよいでしょう。

また、Webサイトに債務整理の手続きについての説明や、これまでの債務整理の実績、依頼した人の感想などが載せられていることもあるので、参考にしてどの法律事務所が良さそうか考えてみてください。

法律事務所を選んだら、まず無料相談を利用しましょう。ほとんどの法律事務所は無料相談に応じているので、お金をかけずにどの債務整理が適しているかなどのアドバイスを受けることができます。

無料相談をしてみて、「この法律事務所に依頼してよさそうだな」と思えたら、正式に契約を結んで債務整理を始めることになります。

まとめ

  • 債務整理とは借金を減額または返済免除にしてもらえる正式な手続き
  • 債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といった種類がある
  • 任意整理は少ないデメリットで簡単に借金を減額できる債務整理
  • 個人再生は家を残して元本を大幅に減らせる債務整理
  • 自己破産は借金そのものをなくしてもらえる債務整理
  • 自分に合った種類の債務整理を選ぶのが大切
  • 債務整理は弁護士や司法書士に依頼して行ったほうが楽かつ確実

借金問題や債務整理のことなら
静岡債務整理相談センターにお任せください!

キャラ
054-251-5517 054-364-0195 メールで無料相談

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間・定休日 受付時間:平日:8:30~17:30
定休日:土日・祝日
※受付時間外の日時をご希望の場合はご予約時にご相談ください。
会社名 司法書士法人 芝事務所
代者者 代表 芝 知美
住 所 【静岡事務所】
〒420-0853
静岡市葵区追手町8番1号 日土地静岡ビル5F
【清水事務所】
〒424-0807
静岡市清水区宮代町9番15号
無料相談はこちら

お問い合せ・面談のご予約は
お電話・メールにてお気軽にどうぞ

054-251-5517

〒420-0853
静岡市葵区追手町8番1号 日土地ビル5F

054-364-0195

〒424-0807
静岡市清水区宮代町9番15号

メールで無料相談

メニュー
芝事務所日記
運営事務所

静岡事務所

〒420-0853
静岡市葵区追手町8番1号 日土地ビル5F
TEL:054-251-5517
FAX:054-251-7865

清水事務所

〒424-0807
静岡市清水区宮代町9番15号
TEL:054-364-0195
FAX:054-365-3784

© 2020 静岡債務整理相談センター
運営:司法書士法人 芝事務所