静岡債務整理相談センター

運営:司法書士法人 芝事務所

メールで無料相談はこちら

お電話での無料相談はこちら

定休日土日・祝日 受付時間平日:8:30~17:30

※受付時間外の日時をご希望の場合はご予約時にご相談ください。

054-251-5517
054-364-0195
相談料は無料です
静岡事務所
清水事務所
メール相談

静岡債務整理相談センターTOP >  任意整理 >  任意整理するのにどのくらいの期間がかかる?

任意整理するのにどのくらいの期間がかかる?

「任意整理はどのくらいの期間で終わるの?」
「任意整理が終わって元の生活に戻るまでにかかる期間は?」

キャラ

借金問題で悩んでいる人にとって、「任意整理をするとどのくらいの期間で元の生活に戻れるのか」というのは気になるところですよね。

任意整理をした場合、手続き自体に一定の期間がかかるほか、借金の返済期間に加えて、任意整理のデメリットを受ける期間があります。

ここでは、それぞれの期間がどのくらい続くのかを説明していきます。

054-251-5517
054-364-0195
メールで無料相談
054-251-5517
054-364-0195
メールで無料相談

任意整理の手続き自体にかかる期間

任意整理の手続きには、一般的に2~6カ月程度の期間がかかります。

ここでは、手続き期間中にどんなことが行われるのかを具体的に見ていきます。

法律事務所へ相談

任意整理をしたい人は、まず弁護士事務所や司法書士事務所へ行って事前相談を行います。

借金の金額やあなたの収入などを考慮して、任意整理が最適だということになったら、正式に委任契約を結んで任意整理を依頼します。

任意整理を依頼するときは、印鑑・身分証明書・住民票が必要となりますので、用意しておいてください。

また、借金の情報がわかるもの(取引明細書や契約書、キャッシングのカードなど)も、手元に残っている場合はまとめて持っていきましょう。

受任通知の送付

委任契約を結ぶと、弁護士や司法書士はまずお金を借りた会社に向けて「受任通知」という書面を送付します。

受任通知とは、「正式に依頼を受けて任意整理を開始します」という内容を会社側に伝えるための通知です。

受任通知を受け取った会社は任意整理が完了するまで借金の督促をしてはいけないというルールがあるため、受任通知の送付後は借金の返済が一時的にストップします。

そのため、受任通知の送付から任意整理の完了までの数カ月間を利用して、任意整理の費用を分割で支払うケースが多くなっています。

和解契約を結ぶ

弁護士や司法書士と契約を結んだ後は、本人がやらなければならないことはほとんどありません

弁護士などが借金の情報を調べたり、会社側との交渉をしたりしますが、すべて任せて待っているだけでOKです。

和解が成立したら、和解契約書の内容に沿って返済を始めることになります。

任意整理にかかる期間は会社によって違う

任意整理にかかる期間は一般的には2~6カ月程度となっていますが、お金を借りた会社によってはもっと長くかかることもあります。

例えば、借金の情報は相手先の会社に問い合わせて確認するのですが、問い合わせへの対応が早い会社も遅い会社もあります。

また、お金を借りた会社との交渉にかかる期間も、会社の経営状態や任意整理に対する姿勢によっては、通常より長引く可能性があります。

ですので、任意整理にかかる期間をより正確に知りたいのであれば、どれくらいの期間がかかるか弁護士や司法書士に確認したほうが確実です。

任意整理後の返済期間

和解が成立して任意整理の手続きが完了すると、返済が始まります。

返済は和解契約の内容に沿って、長期の分割払いで行われることになります。

返済期間が始まるのはいつから?

和解が成立してから実際に返済を始めるまでの期間は、弁護士が決めてくれます。

例えば、複数の会社を相手にして任意整理を行った場合は、すべての会社について和解契約が成立するまで、返済が開始されないことが多いです。

また、和解が成立してすぐに返済が始まるわけではなく、翌月または翌々月から返済するというケースがほとんどです。

借金の返済期間はどのくらいの長さ?

借金の返済期間は、任意整理での交渉によって決められます。

一般的には、60回払い(5年)程度の返済期間となることが多いです。

しかし、お金を借りた会社や借金額によっては、36回(3年)程度で返済する必要があることもあります。

なお、任意整理をすると利息は全額カットされるので、返済期間が長引くことによるデメリットはありません。

返済期間が長いほど、毎月の負担が分散されて支払いが楽になると考えてよいでしょう。

054-251-5517
054-364-0195
メールで無料相談
054-251-5517
054-364-0195
メールで無料相談

任意整理のデメリットを受ける期間

任意整理をすると利息や遅延損害金がカットされて返済が楽になるというメリットがある反面、デメリットもあります。

ここでは、任意整理のデメリットである「ブラックリスト」について、どんな制限がかかるのか、どのくらいの期間続くのかを説明していきます。

ブラックリストとは

任意整理をすると、お金を貸す事業を行っている会社が加盟している「信用情報機関」という機関に任意整理の情報が登録されます。

信用情報機関に登録されることを、俗に「ブラックリストに載る」と呼んだりします。

ブラックリストに載ると、以下のような制限がかかります。

・クレジットカードを使ったり作成したりできない
・ローンやキャッシングなどで新しく借金ができない
・借金の保証人になれない
・スマホを買うときなどに分割払いができない
・賃貸契約を結ぶときに一部の家賃保証会社が利用しづらくなる

ブラックリスト期間はどのくらい続く?

ブラックリストによる制限は永久に続くわけではありません。

任意整理の場合だと、約5年で信用情報機関の情報が削除され、ブラックリストの制限も解除されます。

ただし、ブラックリストが解除されても通知などが来るわけではありません。

そのため、住宅ローンを申し込みたいなどの理由でブラックリストが確実に解除されているかどうか確かめたい人は、信用情報機関に信用情報の開示請求をする必要があります。

信用情報機関には、JICC・CIC・JBA(KSC)の3種類があります。

JICCとCICはスマホ・PC・郵送・窓口で、JBAは郵送のみで開示請求を受け付けているので、やりやすい方法で開示請求をしてください。

なお、信用情報の開示には500~1000円の手数料がかかります。

まとめ

  • 任意整理の手続き期間は通常2~6カ月程度だが会社によって違う
  • 任意整理の期間中に本人がやることは費用の支払いくらいしかない
  • 任意整理後の返済期間はすべての会社で和解が成立した翌月か翌々月に始まる
  • 任意整理の返済期間は36~60回払い(3~5年)程度になることが多い
  • 任意整理後は約5年間のブラックリスト期間がある
  • ブラックリスト期間が終わっても通知は来ないので信用情報の開示請求が必要

借金問題や債務整理のことなら
静岡債務整理相談センターにお任せください!

キャラ
054-251-5517 054-364-0195 メールで無料相談

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間・定休日 受付時間:平日:8:30~17:30
定休日:土日・祝日
※受付時間外の日時をご希望の場合はご予約時にご相談ください。
会社名 司法書士法人 芝事務所
代者者 代表 芝 知美
住 所 【静岡事務所】
〒420-0853
静岡市葵区追手町8番1号 日土地静岡ビル5F
【清水事務所】
〒424-0807
静岡市清水区宮代町9番15号
無料相談はこちら

お問い合せ・面談のご予約は
お電話・メールにてお気軽にどうぞ

054-251-5517

〒420-0853
静岡市葵区追手町8番1号 日土地ビル5F

054-364-0195

〒424-0807
静岡市清水区宮代町9番15号

メールで無料相談

メニュー
芝事務所日記
運営事務所

静岡事務所

〒420-0853
静岡市葵区追手町8番1号 日土地ビル5F
TEL:054-251-5517
FAX:054-251-7865

清水事務所

〒424-0807
静岡市清水区宮代町9番15号
TEL:054-364-0195
FAX:054-365-3784

© 2020 静岡債務整理相談センター
運営:司法書士法人 芝事務所