静岡債務整理相談センター

運営:司法書士法人 芝事務所

定休日土日・祝日 営業時間平日:8:30~17:30

※営業時間外の日時をご希望の場合はご予約時にご相談ください。

静岡事務所〒420-0853 静岡県静岡市葵区追手町8番1号 日土地ビル5F

清水事務所〒424-0807 静岡県静岡市清水区宮代町9番15号

0120-230-058
メールで無料相談はこちら
相談料は無料です
メール相談
0120-230-058

静岡債務整理相談センターTOP >  任意整理 >  任意整理後にクレジットカードが使えるようになるまでの期間

任意整理後にクレジットカードが使えるようになるまでの期間

「任意整理後はいつからカードが使えるの?」
「任意整理後に家族カードって作れるの?」

キャラ

任意整理の手続きをしても、一定期間を過ぎれば再びクレジットカードを作ったり、使えたりするようになります。

一般的には、5年~7年程度経過すれば大丈夫でしょう。

また、自分が今ブラックリストに載っているかどうかについても、確認することができます。

実際に、いつからクレジットカードが使えるようになるのかという点は、誰にとっても気になるところだと思います。

そこで今回は、任意整理後にクレジットカードが使えるようになる期間や、個人信用情報の確認方法などについて解説します。

債務整理の無料相談はこちら
メールで無料相談
0120-230-058

任意整理後、クレジットカードは5~7年間使えない

任意整理をすると、5年~7年の間はクレジットカードが使えなくなります。その理由は、ブラックリストに載ってしまうからです。

ブラックリストの影響

任意整理などの債務整理を実施した場合には、CICやJICCといった信用情報機関のデータベースに事故情報として登録されます。

これがいわゆる「ブラックリストに載った」と呼ばれる状態です。

信用情報機関とは、個人信用情報の管理や提供をする機関です。

機関に加盟する会員であるカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)とお金を借りる人が、安全に信用取引を行えるような活動をしています。

なお、事故情報が掲載される期間は5~7年で、その間はクレジットカードの発行や、新たにローンを組むことができなくなります。

なお、信用情報機関のデータベースは、CICやJICCなどに加盟している他の会員でも閲覧できます。

そのため、債務整理の対象となったクレジットカードはもちろん、他社のクレジットカードも更新のタイミングで使えなくなってしまいます。

任意整理の対象外の会社でも要注意

任意整理を行って、信用情報機関に登録された事故情報は、前述したように一定期間で抹消されます。

そのため、抹消後であれば、任意整理した会社のクレジットカードが再び発行できると思う人もいるでしょう。

しかし、実際には任意整理の対象となったカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)の中には、あなたの事故履歴が「社内ブラック」として半永久的に残ることとなります。

したがって、信用情報機関から事故情報が消えても、あなたが任意整理したカード会社のクレジットカードを発行することは、困難といえるでしょう。

さらに、社内ブラック情報は任意整理の対象となったカード会社だけではなく、そのグループ会社にも共有されます。

よって、その会社のクレジットカードも発行できなくなります。

たとえば、アコムで社内ブラックとして登録された場合には、その親会社である三菱UFJ銀行のクレジットカードは作れないと思った方がよいでしょう。

実際いつからクレジットカードは使えるのか

任意整理後、5~7年経過すれば、任意整理の対象ではなかったカード会社のクレジットカードであれば使えるようになります。

なお、事故情報が登録される「起点日」の定め方は、信用情報機関によって異なります。

そのため、「そろそろ使えるかな」という時期になり、再びクレジットカードを申し込もうとする場合には、あらかじめ最新の信用情報を確認しておいた方が無難でしょう。

自分の信用情報は、信用情報機関に開示請求をすれば知ることができます。ただし、手続きができるのは基本的に本人のみであるため、代理人が請求する場合には委任状が必要となります。

以下、それぞれの信用情報機関の開示請求方法について紹介します。

・CIC
レイクやアコムいった消費者金融系の会社が主に加盟する、一般的に「CIC」と呼ばれる「株式会社 シー・アイ・シー」は、ホームページ、郵送、窓口で信用情報の開示を受け付けています。手数料は、ホームページと郵送が1,000円で、窓口が500円となっています。

・JICC
マスターやJCBといった信販系の会社が加盟する「JICC」と呼ばれる「株式会社日本信用情報機構」では、ホームページ、郵送、窓口で信用情報の開示を受け付けています。手数料は。ホームページと郵送が1,000円、窓口が500円となっています。

・KSC(全国銀行個人信用情報センター)
一般的に「KSC」と呼ばれる東京銀行UFJ銀行やみずほ銀行といった銀行系の金融会社が加盟する「全国銀行個人信用情報センター」は、直接KSCへ郵送で申し込むことで、信用情報の開示を受け付けています。手数料は、1,000円です。

債務整理の無料相談はこちら
メールで無料相談
0120-230-058

家族カードはどうなるのか

任意整理をした後の家族カードの扱いは、任意整理をする人が誰かによって異なります。
以下で、それぞれのケースごとに説明します。

家族カードとは

家族カードとは、たとえば、あなたが契約してカード会社の会員になった場合、あなたと同居している配偶者や18歳以上の子ども、両親に対しても同じカードを発行できるというものです。

このとき、カード会社は、会員である“あなたの信用力”を基準に家族カードを発行します。

したがって、カードの与信審査の対象となるのもあなただけとなり、ブラックリストが影響するのも、あなただけとなります。

よって、家族カードを持たせている人は審査の対象外となるため、その属性について問われません。

任意整理による家族カードへの影響

家族カードを任意整理する場合には、誰が任意整理するかによってその影響範囲が異なってきます。また、家族カード以外のカードを任意整理した場合も同様です。

・あなたが任意整理した場合
あなたが家族カードを任意整理の対象とした場合には、このカード全体の信用力を持つあなたの信用力が下がるため、すべての家族カードが使えなくなります。また、ブラックリストから抹消後でも、同じ会社で、あなた名義の家族カードを発行することは困難になるでしょう。

・あなた以外の人が家族カード以外のカードを任意整理した場合
あなた以外の人が家族カード以外のクレジットカードを任意整理した場合には、あなたの信用力には影響がないため、家族カードがすぐに使えなくなるということはないでしょう。

・あなた以外の人が作った借金で家族カードを任意整理する場合
家族の誰かが家族カードを使いすぎて借金の返済が滞り、任意整理が必要な状況になった場合には、このカード全体の信用力を持つあなたが任意整理を行う必要があります。

よって、あなたの信用力が下がるため、すべての家族カードが使えなくなります。

また、ブラックリストから抹消後でも、同じ会社で、あなた名義の家族カードを発行することは困難となります。

まとめ

  • 任意整理をしても、一般的に5年~7年程度経過すれば、再びクレジットカードを作ったり、使えたりするようになる。
  • 任意整理すると、信用情報機関のデータベースに事故情報として登録され、いわゆる「ブラックリストに載った」と呼ばれる状態になる。
  • 信用情報機関から事故情報が消えても、任意整理をしたカード会社のクレジットカードを発行することは困難。
  • 自分の信用情報は、信用情報機関に対して開示請求をすることで、知ることが可能。手続きができるのは基本的に本人のみで、代理人が請求する場合には、委任状が必要。
  • 任意整理をした後の家族カードの扱いは、任意整理をする人によって異なる。

借金問題や債務整理のことなら
静岡債務整理相談センターにお任せください!

キャラ
0120-230-058 メールで無料相談

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間・定休日 受付時間:平日:8:30~17:30
定休日:土日・祝日
※受付時間外の日時をご希望の場合はご予約時にご相談ください。
事務所名 司法書士法人 芝事務所
代表者 芝 知美
住 所 【静岡事務所】
〒420-0853
静岡市葵区追手町8番1号 日土地静岡ビル5F
【清水事務所】
〒424-0807
静岡市清水区宮代町9番15号
無料相談はこちら

お問い合せ・面談のご予約は
お電話・メールにてお気軽にどうぞ

0120-230-058

メールで無料相談

メニュー
芝事務所日記
運営事務所

司法書士法人 芝事務所

0120-230-058

メールで無料相談

受付時間・定休日
受付時間:平日:8:30~17:30
定休日:土日・祝日

静岡事務所

〒420-0853
静岡市葵区追手町8番1号 日土地ビル5F

清水事務所

〒424-0807
静岡市清水区宮代町9番15号

© 2020 静岡債務整理相談センター
運営:司法書士法人 芝事務所