静岡債務整理相談センター

運営:司法書士法人 芝事務所

メールで無料相談はこちら

お電話での無料相談はこちら

定休日土日・祝日 受付時間平日:8:30~17:30

※受付時間外の日時をご希望の場合はご予約時にご相談ください。

054-251-5517
054-364-0195
相談料は無料です
静岡事務所
清水事務所
メール相談

静岡債務整理相談センターTOP >  任意整理とは?

静岡・清水で任意整理なら静岡債務整理相談センターへ

「任意整理の具体的な効果を知りたい」
「任意整理は誰でもできるもの?」

キャラ

任意整理は、債務整理の1つです。特にカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)などから高金利 (年利10〜18%)の借金をしている方に適した債務整理で、交渉がうまくいけば金利が0円になったり、月々の返済額が減額されたりして、計画的に借金を返済できるようになります。

また、交渉は裁判所を通さず、司法書士や弁護士があなたの代理として行うため、裁判所に申し立てるよりも費用がかからず、ご家族や職場に知られずに行うことができます。そのため、多くの方が債務整理の第一歩として、任意整理を検討されます。

ここでは、任意整理の特徴や実際の手続きの流れについてご説明します。

054-251-5517
054-364-0195
メールで無料相談
054-251-5517
054-364-0195
メールで無料相談

任意整理とは?

任意整理とは、借金の利息免除や月々の返済額の減額をすることができる手段です。多くの場合、元金(金利を含まない借り入れた金額)はそのまま支払うことになります。

また、任意整理は裁判所を通さず、あなたの代わりに司法書士や弁護士がカード会社と直接交渉することによって、行われることが特徴です。

以下で、任意整理のメリットとデメリットについて詳しくみてみましょう。

任意整理のメリット

裁判所を通さず、司法書士・弁護士があなたの代わりに交渉

任意整理とは、債務整理のなかでも最も自由度が高い手段です。

債務整理は借金返済の負担を軽減するためのもので、「自己破産」「個人再生」「任意整理」と3つの種類があります。

「自己破産」と「個人再生」は裁判所を通じた交渉が必要となります。しかし、「任意整理」は、裁判所を通さず、司法書士や弁護士があなたの代わりにカード会社と直接交渉を行います。

そのため、裁判所を利用する費用がかからず、手続きの全てを司法書士・弁護士に委ねることができます。

保証人付きの借金、生活に必要なものへのローンは対象外にできる

任意整理は他の債務整理と異なり、あなたの希望に沿って一部の借金だけを対象に行うことができます。

たとえば、奨学金などの保証人付きの借金や、生活に必要な自家用車のローンは、任意整理を行うことによって、保証人に迷惑がかかったり、車を失うことになってしまったりするなど、金銭以外の問題を引き起こすことがあります。そのため、一般的には奨学金や車のローンは対象外とし、カード会社からの借金のみを任意整理の対象にする方が多いといえます。

一方で、「自己破産」や「個人再生」といったその他の債務整理は、あなたの抱える全ての借金が対象となってしまうため、奨学金や車のローンを含めて債務整理を行います。(但し、個人再生の場合、住宅のローンのみ対象から外すことができます。)

任意整理を行うと金利が0円になる

任意整理では、利息免除と月々の返済額の減額を交渉し、元金だけを3〜5年で完済しきることができるように調整します。

しかし、利息の免除はどんな借金にも行えるわけではありません。主に金利の高い借金に対して行われます。たとえば、カード会社からの借り入れは、年利10〜18%と比較的高金利であるため、任意整理で金利免除の交渉が成立すれば、返済額の大幅な減額が見込めます。

また、任意整理では月々の返済額を見直し、3〜5年(36〜60回の分割払い)で借金を完済できるように交渉します。そのため、結果的に月々の返済額が少なくなり、計画的に借金を返済できるようになります。

2007年以前の借金があれば、さらに減額が見込める場合もある

2007年以前に借金をしていた方のなかには、年利20%以上といった超高金利で借金をしてしまった方もいます。

このような場合、借金とその返済額を再計算することができ、金利免除に加え、元金の減額が見込めることもあります。さらに、場合によっては借金が0円になることや、過払いによる返還が可能な場合もあります。

費用はカード会社1社につき2〜5万円

前述の通り、任意整理では裁判所に費用を支払う必要がありません。かかるのは司法書士・弁護士への費用のみで、カード会社1社への交渉につき、およそ2〜5万円ほどが相場です。

そのため、他の債務整理より安く、また、月々の利息を支払うよりも安く行うことができます。

家族や職場に秘密で行うことができる

「任意整理をしていることが家族や職場に知られてしまうのではないか…」と心配される方もいます。しかし、あなたが任意整理を行なっていることは、司法書士・弁護士とカード会社以外に知られることは一切ありません。

裁判所や職場へ報告する義務もなく、任意整理に必要な連絡や郵送物は全て司法書士・弁護士宛てに届くため、何かのはずみに知られてしまうこともありません。

任意整理のデメリット

ブラックリストに載ってしまう

任意整理を行うことの大きなデメリットは、個人信用情報に債務整理手続きを行なった履歴(事故情報)が残り、信用情報に傷がつくことです。いわゆる「ブラックリストに載る」というのはこのことです。

なお、実際に「ブラックリスト」というものが存在するわけではありません。あくまで俗称として、そのように呼ばれています。

任意整理の場合、個人信用情報に事故情報として登録される期間は5年ほどで、その間は以下のことが制限されます。

<ブラックリストに載るとできないこと>

・クレジットカードの使用や新規作成
・新たな車や住宅のローンの借入(現金一括購入は可能)
・携帯電話本体の分割支払い(現金の一括購入は可能)
・保証会社との契約が必要な賃貸物件の契約
・家族・友人の保証人になること など

また、任意整理以外の債務整理(個人再生・自己破産)を行なっても、任意整理と同じように信用情報に傷がつきます。それぞれの期間は、個人再生で5~7年、自己破産で10年ほどです。

054-251-5517
054-364-0195
メールで無料相談
054-251-5517
054-364-0195
メールで無料相談

任意整理手続きの流れ

まずは司法書士・弁護士に相談

まずは専門家である司法書士・弁護士への相談が大切です。当センターでは、債務整理をご検討されている方を対象に、無料相談を行なっています。

この無料相談では、現在借りているカード会社の会社名や、返済残額、月々の返済可能額などをお伺いし、任意整理ができるかどうかの確認や、実際に任意整理をした場合の返済額のシミュレーションを行うことができます。

任意整理の契約

無料相談の結果、任意整理が可能と判断された場合、その場でご契約いただくことが可能です。任意整理のご契約時は、委任契約書(あなたが当センターに債務整理を依頼する契約)を見ながら詳細をご説明し、ご理解いただけたうえでご契約という流れになります。

また、費用に関しても、ご納得の上、報酬説明書に署名捺印をしていただいております。費用のの支払いは後払いや分割が可能となります。

任意整理手続きの開始と請求のストップ・債務調査

ご契約いただきますと、すぐに手続きを開始します。まずは、あなたとカード会社の間に司法書士が介入することを、相手方に伝えるための「受任通知」をカード会社に送付します。

これを送付すると、カード会社からの請求が法的に一旦ストップし、これまであなたがそのカード会社とやり取りをした借り入れ状況や返済残高を調べる「債務調査」が行われます。債務調査はおおよそ2ヶ月前後行われます。

「今月の返済が辛いので、すぐに請求をストップしてほしい」という方のためにも、当センターでは一刻も早い手続きを心がけています。

任意整理の方針の確認

債務調査完了後(およそ2ヶ月後)、借金総額が確定し次第、今度は当センターからあなたへ実際の月々の返済額案をご提示します。こちらでご提案した額でよろしければ、そのまま次のステップに進みます。また、変更や相談を希望することも可能です。

司法書士・弁護士とカード会社による交渉

あなたに承諾いただいた返済額案を元に、当センターとカード会社で交渉を行います。この交渉がまとまることを「和解」といい、和解した内容を記録したものは「和解書」と呼ばれます。この和解書には、残りの返済額や返済にかかる期間などが詳しく記載されます。

任意整理ができない場合

以下のようなケースでは任意整理ができないことがあります。

元金を返済できる収入がない

任意整理は、基本的には利息を免除することでしか借金を減額できないので、その他の債務整理(個人再生・自己破産)と比較すると、減額の幅が小さく、元金を返済できる収入がない方の場合、行えないことがあります。

たとえば、今利息を免除したあなたの借金残高が総額で300万円あれば、5年(60回払い)で返済するとして、毎月5万円ずつの返済が必要です。この返済ができるだけの収入がなければ、任意整理を行うことはできません。

このような方に対しては、個人再生や自己破産など元金を含めた借金の減額ができる債務整理をお勧めします。

会社側が任意整理に応じない方針を持つ場合

任意整理は、裁判所に申し立てをしない分、他の債務整理(個人再生・自己破産)のような強い法的強制力はありません。そのため、任意整理を求められても応じない会社もあります。「任意整理に応じない」とは以下のようなことを指します。

<任意整理に応じない方針の例>

・一括払いから分割払いへの変更を認めない
・金利免除を許可しない
・分割払いを認めるが、通常よりも短期の完済を求める など

このように、あなたの要望が相手方に聞き入れられないこともあります。しかし、大手のカード会社などであれば、任意整理に応じる会社が多いといえます。

なぜなら、カード会社にとって、個人再生や自己破産によって貸し出した元金そのものの減額・免除を行われるよりは、利息免除のみが行われる任意整理を行なった方が、返済される金額が大きくなるからです。

まとめ

  • 任意整理とは、金利免除と月々の返済額の調整を行う手段である
  • ・特に高金利の借金(カード会社からの借金など)に適している
    ・原則元金は減額されない

  • 任意整理のメリット
  • ・裁判所に申し立てる必要がなく、交渉に関わることは全て司法書士・弁護士が行う
    ・任意整理を行う借金を選別することができる
    (保証人への迷惑や、生活に必要なものの喪失を回避できる)
    ・交渉がうまくいけば金利が0円になり、元金だけを最大60回払い(5年)で完済できる
    ・2007年以前の借金で過払金等があれば再計算が可能
    ・裁判所に申し立てるよりも費用が安く、カード会社1社につき相場は2〜5万円
    ・家族や職場に秘密で行うことができる

  • 任意整理のデメリット
  • ・信用情報に傷がつき、新たなローンやクレジットカードの利用などができない

  • 任意整理の手続きの流れ
  • ・まずは無料相談を受ける
    ・契約成立し次第、司法書士からカード会社へ「介入通知」の送付
    →これにより返済請求が一時的に中断、2ヶ月ほどかけて「債務調査」が
    行われる
    ・司法書士・弁護士からあなたへ月々の返済額案のご提示 ・司法書士・弁護士とカード会社で交渉開始

  • 任意整理ができないケース
  • ・元金を返済できる収入がない場合
    →元金を含めた借金の減額が可能な「個人再生」や「自己破産」を視野に入れる
    ・任意整理に応じない会社から借り入れている場合

無料相談フォーム

お名前(※必須)
都道府県

※お住まいの都道府県を選択してください。

メールアドレス
(※必須)
電話相談の希望
お電話番号

※電話相談ご希望の方はご記載ください。

現在の借金総額
(※必須)

※住宅ローンの金額は除く。

※カードの借金でどのくらいの金額があるかをご選択下さい。
(分かる範囲のおおよその金額で大丈夫です。

カードの保有枚数

※お持ちのカード(クレジットカード・消費者金融・銀行)の枚数を選択してください。

ご希望の相談内容任意




毎月の返済希望額

※債務整理を行った場合に、借金の支払いに毎月いくらご用意できるかを選択してください。

自由ご記載欄

※月々に希望する返済金額や支払いが遅れている旨などご自由にご記載ください。

運営事務所概要

会社名 司法書士法人 芝事務所
設 立 平成24年4月5日
代者者 代表 芝 知美
所在地 【静岡事務所】
〒420-0853
静岡市葵区追手町8番1号 日土地静岡ビル5F
【清水事務所】
〒424-0807
静岡市清水区宮代町9番15号
TEL 【静岡事務所】054-251-5517
【清水事務所】054-364-0195
FAX 【静岡事務所】054-251-7865
【清水事務所】054-365-3784

静岡事務所へのアクセス

清水事務所へのアクセス

借金問題や債務整理のことなら
静岡債務整理相談センターにお任せください!

キャラ
054-251-5517 054-364-0195 メールで無料相談

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間・定休日 受付時間:平日:8:30~17:30
定休日:土日・祝日
※受付時間外の日時をご希望の場合はご予約時にご相談ください。
会社名 司法書士法人 芝事務所
代者者 代表 芝 知美
住 所 【静岡事務所】
〒420-0853
静岡市葵区追手町8番1号 日土地静岡ビル5F
【清水事務所】
〒424-0807
静岡市清水区宮代町9番15号
無料相談はこちら

お問い合せ・面談のご予約は
お電話・メールにてお気軽にどうぞ

054-251-5517

〒420-0853
静岡市葵区追手町8番1号 日土地ビル5F

054-364-0195

〒424-0807
静岡市清水区宮代町9番15号

メールで無料相談

メニュー
芝事務所日記
運営事務所

静岡事務所

〒420-0853
静岡市葵区追手町8番1号 日土地ビル5F
TEL:054-251-5517
FAX:054-251-7865

清水事務所

〒424-0807
静岡市清水区宮代町9番15号
TEL:054-364-0195
FAX:054-365-3784

© 2020 静岡債務整理相談センター
運営:司法書士法人 芝事務所